結婚祝いを渡すタイミングは間柄にもよりますが、本人から直接、   no comments

Posted at 11:30 pm in ウェディング

結婚祝いを渡すタイミングは間柄にもよりますが、本人から直接、〇月〇日に入籍します。と言われれば、1〜2週間以内には渡す方が良いと思います。

花嫁がキレイに見えるのはやっぱ、お化粧だけじゃなくて、幸せオーラのせいもあるかもしれないね。「幸せ」て本当にいいことだ!と実感した今日この頃でした。

神前式は家と家を結びつける場なので、主役は両家親族になります。参加者は、神主の指示に従って目礼や祈祷をすることがありますので、タイミングを逃さないように気をつけましょう。

両家顔合わせは式の日取りが決まってからで大丈夫です。

寒い冬に屋外でのフラワーシャワーと集合写真は絶対に辞めた方がいいです。外でフラワーシャワーや写真撮影その間、ゲストはブルブル震えながら待たなければなりません。その結婚式は寒さと風邪を引いたという記憶しか残りませんよ。

無料相談カウンターは、自分のところと契約している会場しか紹介してくれないし、見学の予約を取るだけです。実際に会場も見たことないので、パンフレットやHPの情報しか知りません。知ったかぶって紹介しています。

結婚式の準備で節約できること

・ペーパーアイテムは手作り
・招待状の宛名も自分で筆ペンで書く
・ウェルカムボードは知り合いに作ってもらう
・装花は標準価格で立派なものに仕上げてもらう

ウェディングドレスは店舗に値段が違うこともあります。結婚式場によって価格が違うのもそうですが、店によっては売れ筋でないドレスや閑散期は安くします。

結婚が決まったら、まず、結婚情報誌やウェディングサイトでいくつか式場をピックアップして、資料請求をする。最近ではサイトごとでオリジナル特典を用意していたりするので、どこのサイトを使うかで、もらえる特典は違ってきます。

「Relie(レリィ)」というサイトは最大で10万円もらえるようで、ゼクシィから予約してもメリットはないので、こういったサイトで予約したほうがお得ですね。

ご参考になれば幸いです。
ではでは、また!

Written by mailpostuser on 7月 1st, 2016